発達障害傾向ですが、「営業」できました。

毎日ひとにキレられていた私が、「人間」らしいコミュニケーションを身に着け、「営業職」として働けるようになるまでの話と、試行錯誤の記録。

問題と対策11)仕事で忘れ物が多く悩んでいた私が、チェックリストに救われた話(2)

今回は、前回の続きとして、私の行ったチェックリストの運営方法について説明します。

 

※前回は、仕事で忘れ物をしたため上司にこっぴどく叱られ、二度と繰り返さないために「ストーリー仕立て」で持ち物をリストアップする方法を紹介しました。 

blog.xn--katiefue-i64mq8yc0vjo7eeitdhns.com

 

■対策 後編

おさらい

さて、前回立てた3つの対策は、こちらでした。

  • ストーリー仕立てで持ち物チェックリストを作る
  • チェックリストのファイルを作る
  • 1日1回絶対見る場所に保管する

今回は、「チェックリストのファイルを作る」「1日1回絶対見る場所に保管する」について、書いていきます。

 

2.チェックリストのファイルを作る

・紛失のリスク

さて、持ち物のチェックリストは作れましたが、実際どうやって使っていくかが問題です。

 

というのも、私は極度に忘れっぽく、作ったリストを紛失する可能性があるからです。

 

実際、最初のうちは、ひきだしやファイルなど、思いつきで色々な場所に保管してしまい、探すのに苦労しました。

 

・1か所にまとめる

 そこで考えたのが、「出力したリストを1つのファイルにまとめる」というやり方です。

 

具体的には、A4サイズの名刺用ホルダー(下記リンク参照)に、行き先ごとの持ち物チェックリストを入れていったのです。 

※チェックリストは、エクセルで作成し、紙に出力します

コクヨ ファイル 替紙 名刺ホルダー POSITY A4 20枚 P3メイ-395N

コクヨ ファイル 替紙 名刺ホルダー POSITY A4 20枚 P3メイ-395N

 

こうすることで、 探す場所が一か所にまとまるため、あちこち探すストレスも、時間も軽減されました。

 

3.1日1回絶対見る場所に保管する

・見ないと、忘れる

さらに、その名刺ホルダーを、1日1回は絶対見る!という場所に保管しました。

 

私の場合、目で見て分かる場所にないと、そもそもそれがあったことを忘れてしまいます。

 

しかも、単に「目につく場所に置いてある」というだけでは、他のことに集中するあまり、無視してしまう可能性も高いのです(だから部屋は常に散らかってます)。

 

私にとっては、この点を解決するのが大きなハードルでした。

 

・必ず見る場所に

そこで私が選んだのは、1日何回も開くリングファイルの最初のページに挟む、という方法でした。

 

具体的には、私は顧客との商談内容を紙ベースで保管しており、1日3回はそのファイルを開いていたため、これを利用したのです。

 

見たい資料にアクセスする時は、必ず1ページ目からめくっていくので、最初のページは嫌でも目につきます。

 

さすがの私も、「ここにはチェックリストがある」と覚えるようになりました。

 

・自分に癖付け

 また、ファイルに綴じるもう一つのメリットは、「自分から手を動かさないとアクセスできない」ということです。

 

先ほども言いましたが、私の場合、単に「目につく場所に置いてある」だけでは、無視してしまうリスクがあります。

 

一方、「自分からひきだしを開け、ファイルを開き、チェックリストの入った名刺ホルダーに触れる」というステップを踏むことで、体で場所を覚えることができます。

 

いわば、自分に癖付けする感覚です。

 

忘れ物対策に成功

・習慣化できた

チェックリストを毎日目で確認することで、私は何とか、持ち物チェックを習慣化することができました。

 

外出前の準備段階で、「持ち物チェック」を予定に組み込み、確実に実行できるようになったのです。

 

お陰で、商談時に「ハッ」と冷や汗をかくことも減り、仕事に集中できるようになりました。

 

・自己肯定感が向上

そして、何よりよかったのは、自己肯定感が少し向上したことです。

 

私は、忘れ物に限らず、周囲と同じことが全然できませんでした。そのため、自己嫌悪から「自分はダメな人間なんだ」と思うようになっていました。

 

どんなに人より得意なことがあっても、そのサイクルに入ってしまうと、「できないこと」に意識が集中してしまい、自信など消えてしまいます。

 

しかも、周囲は「できること」はあまり言いませんが、「できないこと」はしっかり指摘してきます。そのため、余計自分はできないことばかり…と思ってしまうのです。

 

そんな中、忘れ物を防げたということは、他の人にとってはつまらないことかも知れませんが、私には大きな一歩でした。

 

人間の仲間入りができた感じです。

 

 

以上、 仕事で忘れ物が多く悩んでいた私が、チェックリストに救われた話でした。

少しでも、誰かのお役に立てれば嬉しいです。