発達障害傾向ですが、「営業」できました。

毎日ひとにキレられていた私が、「人間」らしいコミュニケーションを身に着け、「営業職」として働けるようになるまでの話と、試行錯誤の記録。

<拡散希望>京都のひな祭りは4月3日です。というお話。

今週のお題「ひな祭り」

f:id:KatieFue:20180303152215j:plain

お題が「ひな祭り」と聞いて、いても立ってもいられず筆をとりました。

 

何が言いたいかというと、「京都のひな祭りは4月3日です」ということです。

 

ほぼ、それだけです。

 

(え、それだけ?)

 

で、なんでそんなに言いたいか。それにも、ちゃんと理由があります。

 

 

■4月3日なんです

3月3日論者との戦い 

だいたい、この季節になると、仲間内でもひな祭りの話題になります。去年も、おととしも、そうでした。

 

しかし、人にこの話をすると、決まって「嘘でしょ?」「ありえない」と「ひな祭りは3月3日に決まってるよね論者」の猛攻撃に遭うのです。

 

「そっか~」と受け入れてくれたら、何も感じませんが、「違う」と言われると、反撃したくなるのが防衛本能というもの。前回なんか、主人と殴り合いのケンカになりかけたくらいです。

 

それで、何か機会があれば世の中に発信せねば!と思っていました。その機会が、とうとう巡ってきたというわけです(←これが理由)。

 

4月3日のプライド

私の実家は、家族が京都出身なので、それに合わせて4月3日にしていました。が、周りの家は普通に3月3日のところが多く、ずっと肩身の狭い思いをしてきました。

 

ですが、続けていると、いつしかそれがプライドのようになり、是が非でも曲げてはいけないような、そんな伝統と化してしまうのです。 

 

そんな訳で、スーパーが3月3日に「ひな祭り特売」を行う中、うちはずっと4月3日を頑なに守り通してきたわけです。

 

プライドが費用と便益を上回った、というわけですね。

 

旧暦で祝う

で、この「4月3日」という日付ですが、これは旧暦の3月3日にちなむものです。

 

旧暦の3月3日は、新暦では4月中旬ですが、月だけ変えて日(3日)は維持した形です。つまり、京都では旧暦でひな祭りをするのです。

 

こんなサイトも発見しました。

www.e-kyoto.net

京都では旧暦にならい、1ヶ月遅れて4月3日にお祝いします。

 

ね?

 

ちゃんと4月3日って書いてあるでしょ?(得意げ)

 

でも、理由は知らない

…が、ここまでえらそうに書いていてアレなんですが、実は「なぜ旧暦なのか」という理由については、残念ながら知りません。

 

家族も、そのあたりは知ってか知らずか、言い遺してはくれませんでした。

 

色々検索してみましたが、「暦がずれると収穫の時期がずれるから」とか「寒い地域だから」等、どれが本当か分かりません。

 

もしそのあたりを詳しく書いた本をご存じでしたら、是非教えて頂けると助かります。3月3日論者と一戦交える際に、役立つと思います。

 

以上、「京都のひな祭りは4月3日です。というお話」でした。