発達障害傾向ですが、「営業」できました。

発達障害の傾向がある元・営業が、「人並み」に働くための仕事ハックと「生きづらさ」に向き合う日々を書いています。

想定外によるパニックを、「言語化」で防ぐ方法

今回は、パニックを予防する方法についてです。 以前、「想定外の事態でパニックになってしまう」という問題について書きました。 blog.xn--katiefue-i64mq8yc0vjo7eeitdhns.com そこでもいくつかの対策をご紹介しましたが、最近新たな方法でうまく行ったた…

【新人研修】外国人は「褒めて伸ばす」!

今回は仕事関係の話です。 今度の新入社員は外国人。一体どうやって指導したらいいんだろう。 外国人の採用が増える昨今、このように悩む会社員の方も多いことでしょう。 そこで今回は、私が実際に彼らにOJTを行って得た学びをシェアしたいと思います。 キー…

私が育児パニックを(今のところ)回避できている理由

先日、出産で学んだことについて書きましたが、ついでに子育てで「あれ?」と思ったことを綴っておきたいと思います。 それは、「知能凹凸のせいでパニックになりがちな自分が、子供には平常心で対応できている」ということです。 理由を考えたところ、どう…

発達障害傾向の当事者が、妊娠・出産で学んだこと(&近況報告)

年末からしばらくブログをお休みしていましたが、実はこの間に出産していました。今は育児で疲労困憊の毎日です。 出産は当ブログの本筋とは関係ありませんが、発達障害傾向の当事者として教訓に満ちたものでした。そのため、備忘録もかねて学んだことを書い…

「叱られ方講座」など要らない。指導の名を借りた「ストレス解消」こそ問題だ。

こんにちは、Katieケイティです。 「叱られ方」というキーワードが話題になっていますね。某公共放送局が特集を組んだアレです。私も思い当たるフシがあるので、今回はそのことについて書いてみたいと思います。 結論から言うと、「叱られ方」などどうだって…

共感性の低さは「表情」である程度ごまかせる

こんにちは、Katieケイティです。 今回は、表情の使い方ひとつで「共感性の低さ」をカバーする方法について考えたいと思います。 共感性の欠如を「表情」でカバーする ■「言葉さえ正確ならOK」という勘違い ■実は「会話の中身」<<<「表情」 ■表情が共感性…

「想定外」でパニックになってしまう問題

こんにちは、Katieケイティです。 今回は、「想定外の事態でパニックになる」という問題について書きたいと思います。 あなたの身近にも、信じられないくらい些細なことで怒り出す人がいるかも知れません。実は、私にもそんな傾向があるのです。 想定外でパ…