発達障害傾向ですが、「営業」できました。

発達障害の傾向がある元・営業が、「人並み」に働くための仕事ハックをお送りします。

こんにちは、Katieケイティです。

 

このブログのメインテーマは、「発達障害」の傾向のある私が「営業職」として働く中で経験した

  • 「困り感」
  • 「コミュニケーションに関するトラブル」
  • 「労働時間など自己管理の難しさ」

などについて、具体的に講じた対策をご紹介するものです。

 

私は「動作性IQ」という、「目で見たり耳で聞いた情報を適切に処理して行動に反映する」という機能が生まれつき弱いため、いわゆる「空気を読む」のが非常に苦手です。

 

このせいで、幼少時から大人になるまで「どう人間に接していいのか分からない」という恐怖にも似た感情を抱いてきました。そして、自分自身を「人間の中にひとり置き去りにされた宇宙人」のように、周囲との間で埋めようにも埋められない「隔絶感」「孤立感」を感じてきました。

 

そして、実際に多くの人から嫌われ、敬遠され、絶交されてきました。どんな陽気な人でも、私が口を開くと途端に怪訝な顔をして押し黙り、こちらをにらんで、そして去っていきました。

 

実の家族からも、「お前はワガママな人間だ」「なんでこんな悪い子に育ったんだ」と言われてきました。私のせいで、3世代もいて楽しいはずの家庭は毎日うす暗く、まるで連日の葬式で疲れ果てた人達がいやいや集まっているだけのような場所となっていました。

 

このため、努力して国立大学に進学し、その大学院で修士号を取ったという成功体験ですら、何の意味もないもののように感じられ、毎日「こんな欠落人間に生まれた不幸」をかみしめながら、親を恨みながら、そして常に何かに追い立てられるような切迫感を感じながら、30年近く生きていました。

 

しかし、30歳になるかならないかの時期に経験した、職場での大きな「人間関係トラブル」をきっかけに、事態は変化しました。

 

上司や先輩から「あなたは思いやりがない」「言動がおかしい」と異口同音に責めたてられたことで、私は「やはり私の頭はどこかおかしい」と考えるようになり、精神科を受診しました。

 

そこで受けた知能検査「WAIS-III」が、私の人生の光明となったのです。

 

その検査結果は、

  • 私の動作性IQと言語性IQには30%以上の差があること
  • 言語性IQが極めて高いこと
  • 長期記憶と習熟性に優れていること
  • 目から入った情報の処理が苦手であること
  • 参照する情報が少なければ少ないほど、情報処理スピードが高いこと

などが示されていました。

 

その他、「一つのことに集中し過ぎて他の情報が入ってこなくなる傾向が強い」ということも示唆されました。

 

このレポートを読んで、私は「やはりそうだったのか」と思いました。

 

そして、自分の「傾向」が分かったことで、ようやく「対策」が立てられるようになったのです。

 

それからの数年間が、私にとっては「人間らしく」振る舞えるようになるための「修行」の日々となりました。そして、このブログでご紹介する様々な「対策」を考えだしました。

 

修行——それは、口にするのは簡単な言葉ですが、血を吐くような絶望の日々です。こうしたら上手くいくかと試し、失敗し、さらに嫌われ、泣き、次の瞬間にはもう新たな試行錯誤を始めなければならない。この1秒も気の休まらない日々の苦しさが、分かるでしょうか。

 

私の親も、夫も、誰もその本当のツラさを知りません。

 

知っているのは、私だけです。

 

しかし、逆に、「私だけでいい」とも思います。だからこそ、このブログでは、明るく「対策」をご紹介したいのです。

 

いま現に、私と同じことで悩んでいる人が、大勢いるでしょう。

 

私と同じように、発達障害とは診断されず(日本では発達障害は「子供の病気」であり、成人への診断基準が定まっていないからです)、誰からも支援を受けられず、健常者として「常識的行動」「学歴相応の成果」を期待され、失望され、「自分には価値がない」と思っている人達。

 

そんな人達に、同類として何らかのヒントを示せたら。

 

そう思ったのが、このブログを始めたきっかけなのです。

 

人と上手にコミュニケーションが取れるようになったら、それはこの上ない幸せです。私は、ずっと私を嫌っていた人が初めて私に笑顔を向けた時のことを、今でも忘れられません。その時、生まれて初めて「人と人が笑顔で言葉を交わし合うって、なんて素晴らしいのだろう」と思い、それまでの苦痛が一気に引いていくのを感じたのです。

 

ただ、私は決して「中身」が「人間らしく」なったのではありません。「人間らしく」振る舞うのが上手になっただけです。「この場面ではこういうのが最も適切だから、本心ではないけど言っておこう」とか、そんなことを考えて言動をコントロールしているロボットのようなものです。

 

しかし、「フリ」でいいのです。どうせ、健常者だって「フリ」をするのが生まれつき上手なだけで、本当は「子供」のまま年を重ねているのですから。どんな人も、それは一緒です。

 

だから、いま困り感を抱えている人達にも、その「フリ」の仕方を知ってもらえたらと考えています。

 

健常者たちは、自分が「フリ」をしているつもりなど毛頭ないので、どうしたら上手く行くか、なぜそうなのか説明できる人は少ないです。しかし、苦しい分析の中から得たノウハウには、そういった情報が詰まっています。

 

みんなに「協調性」「同質性」を求めるこの日本に生まれたことは、私たちにとって不運な部分もあります。「異質」だからです。でも、「こんな私でよかった」と、いつか思える日がくるように、お互い生きていきたいものですよね。

 

このブログを読んで下さる方に、そんな日が来るのを祈っています。

プロフィール
id:KatieFue はてなブログPro
ブログ投稿数
63 記事
ブログ日数
57 日
継続期間
7 日
読者
32 人 okamati yuruyurux kokoronosoratan enjoy-eagle kabu-life capi_ba_lalala ponyoponyokun newspaper-ama kokeki Satsuki_bib matomepro kuzejune sabotennmegane yoshi2000000 nkobi1121 urbanmousetrap kanshakh momolazy honsaki setsuyakufufu ywataru at25250410 mogamon YOUHEIkun everythings11 umauma-free hinauklog shunsukeohashi23 go-shun rupannzasann

【プライバシーポリシー】

●個人情報の利用目的

当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

●個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合

・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

●個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

●アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

●免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

●プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。