発達障害傾向ですが、「営業」できました。

発達障害の傾向がある元・営業が、「人並み」に働くための仕事ハックをお送りします。

「他人に共感できない」という欠陥の正体~私を苦しめてきたもの(前編)~

f:id:KatieFue:20181107115027j:plain

こんにちは、Katieケイティです。

 

今回は、私が子供の頃から抱えていた困りごと「他人への共感ができない」について書きたいと思います。

 

皆さんの中にも、自分では普通に接しているつもりなのに「思いやりがない」などと言われ、お悩みの方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

これは、とてもツライことですよね。

 

実は、私もそんな人間の一人でした。

 

社会人になってから、これを克服する方法を編み出したのですが、それは下記の記事で書いています。今回は、自分自身のエピソードに絞ってご紹介したいと思います。

 

blog.xn--katiefue-i64mq8yc0vjo7eeitdhns.com

 

blog.xn--katiefue-i64mq8yc0vjo7eeitdhns.com

 

他人に共感できない

■共感性の欠如とは?

これは、「過集中」に加えて、発達障害の方に多く見られる症状だと言われています。

 

具体的には、

  • 相手の気持ちを考えず、思ったことをすぐに口にしてしまう
  • 相手の話をさえぎって喋るため、会話が成立しない
  • 自分が話したいことを、相手の興味の有無にかかわらず一方的に話し続ける

などが挙げられます。

 

私も、こういったことが原因で、今まで何度も人間関係のトラブルを起こしてきました。

 

そんなエピソードの中で、特に忘れられないものをいくつかご紹介したいと思います。

 

■私のエピソード(前編)

・保育園で

(帰り際に)

今でもはっきり覚えているエピソードが、保育園でのことです。

 

その時、私はまだ3歳か4歳で、物心つくかつかないかのごく幼い女の子でした。

 

そんなある日、母が私を迎えに来て、いつものように二人で園の門を出ようとした時のことです。

 

仲の良かった女の子が、遠くから私に手を振ってくれていることに気が付きました。

 

(口をついて出た言葉)

その子とは、家も近いのでよく一緒に遊んだと思います。

 

最初は嬉しかったので、私も手を振り返しました。

 

しかし、私が遠ざかってもその子はずっと手を振っているので、だんだん「いつ手を振るのを止めたらいいのか」と、面倒くさく思いはじめました。

 

そこで、私はぽつんと言ったのです。

 

「しつこい女だなぁ」

 

(母に叱られた)

それを聞いた母は、慌てて

 

「なんてこと言うの!」

 

と私を叱りました。

 

叱られて、私は「ああ、こういうことは言ってはいけないんだ」と即座に理解できました。

 

しかし、指摘されたら理解はできるものの、この「思ったことをつい口にしてしまう」という癖は、年月が経ってもなかなか治りませんでした。

 

・小学校で

(校庭での出来事)

次によく覚えているのは、小学校1、2年の時のことです。

 

私は校庭で、同級生と遊んでいました。自分から彼らを誘うことは全くなかったので、おそらく「遊ぼうよ」と言われて付いていったのだと思います。

 

当時は女子の間で一輪車が流行っていて、私もよくそれで遊んでいました。

 

(派手にコケた)

そんな時、始業のチャイムが鳴ったので、私たちは慌てて教室に戻ろうとしました。

 

しかし、何かの拍子につまづいた私は、ベタっと地面に倒れ込んでしまいました。

 

痛いうえに、同級生に見られた恥ずかしさもあって、私はなかなか立ち上がれませんでした。

 

すると、彼らの一人が近付いてきてこう言いました。

 

「大丈夫?」

 

(友達の配慮を拒絶)

その子は、とても思いやりのある、優しい子でした。

 

普通なら、「ありがとう」と言って、お礼に笑顔でも作るべきところですよね。

 

しかし、私は不機嫌な気分のまま、彼女にこう言いました。

 

「うるさい!!」

 

すると、彼女の表情は一瞬にして曇りました。その顔には、露骨に不快感が現れていました。

 

そして、何も言わず、その子はきびすを返して去っていったのです。

 

私は、「まずいことを言ってしまったな」と、その後ろ姿を見て思いました。そして、泣きたいような気持ちになりました。

~~~~~~~

次回は、成人してからのエピソードをいくつかご紹介します。

 

以上、「他人に共感できない」という欠陥」前編でした。

【プライバシーポリシー】

●個人情報の利用目的

当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

●個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合

・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

●個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

●アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

●免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

●プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。