発達障害傾向ですが、「営業」できました。

発達障害の傾向がある元・営業が、「人並み」に働くための仕事ハックをお送りします。

Gmail「返信定型文」の使い方~目指せ!メール時短&ミス撲滅~

f:id:KatieFue:20181029185522j:plain

こんにちは、Katieケイティです。

 

先日、下記の記事で「Gmailの"返信定型文"機能を使えばメールが時短できる」と書きました。

 

ただ、少し言葉足らずだったので、詳しいやり方をご説明したいと思います。 

blog.xn--katiefue-i64mq8yc0vjo7eeitdhns.com

これを使うと、時短だけでなく、「タイプミス」や「記入漏れ」といったケアレスミスの対策にもなるのです!

 

メールを送った後で「あ~!やっちゃった…」と思うのは、すごいストレスですもんね。

 

バンバン使って、メールでのミスを撲滅しましょう!!

定型文で時短&ミス撲滅

というわけで、返信定型文の「保存方法」と「使用方法」とを詳しく解説します。

 

まずは、「保存方法」から見ていきましょう。

 

■1.返信定型文の保存方法

<ステップ1> 

・「受信トレイ画面」


・「画面右上の歯車ボタン」をクリック

・「設定」をクリック

・「詳細設定」(下記写真の画面)

・「返信定型文(テンプレート)」の項目で「有効にする」を選択 

f:id:KatieFue:20181029111902p:plain

 

<ステップ2>

・「受信トレイ画面」に戻る

・「新規メール作成ボックス」を開き、定型文にしたい文章を作成する

※ただし、定型文として使うので、個数や金額などの「変数」となる箇所は「空欄」にしておいて下さい。今回の場合は、「宛名」と「品番」、それに「個数」が空欄になっています。

 f:id:KatieFue:20181029111714p:plain

<ステップ3>

・メール作成ボックス右下の「…」ボタンをクリック

・「返信定型文」をクリック

 (すると左側に新しいボックスが出てくる)

・そのボックス内の「返信定型文を作成」をクリック

・この文章が定型文として保存される

 f:id:KatieFue:20181029120705p:plain

(※一部モザイクを入れていますが、気にしないで下さい。)

 

さて、これで使いたい定型文が保存されました。一安心ですね。

 

では、次は実際に使う場合の方法です。

 

■2.保存した定型文の使用方法

・メール作成ボックス右下の「…」マークをクリック

・「返信定型文」をクリック

・左に出てきたボックスの「挿入」の項目にある当該の定型文タイトルをクリック(今回の場合は【在庫状況のお知らせ】) 

・使いたい定型文が、メール本文に挿入される

・必要な情報を埋めて、メールを作成 

f:id:KatieFue:20181029111720p:plain

 (※モザイクは気にしないで…)

 

ざっとこんな感じです。

 

どうです?とても簡単ですよね。

 

■効果は絶大!

・時短効果

しかも、何よりありがたいのは、こんなに簡単な操作でメールの作成が1/2~1/3に時短できることです。

 

特に、

  • 引き合い対応
  • 他部署と頻繁に行う業務連絡

など、「毎回同じ文章を書かなければならない」業務に最適です。

 

何度も何度も、同じ文章をイチから書くのは本当に大変ですからね。私も、この方法にずいぶん助けられました。

 

・タイプミスや記入漏れ防止

また、「タイプミス」や「記入漏れ」の防止にも、相当な効果があります。

 

タイプミスはもちろんですが、引き合い時の「条件」(納期や支払い方法 等)を書き忘れたりすると、あとあと大変な問題になりかねません。

 

一方、定型文を使っていれば、もともと正しい内容を保存してあるわけですから、ミスする可能性がかなり低くなります

 

あとは、「変数」として追記した内容をチェックをしさえすれば、大丈夫なのです。

 

特に「ケアレスミス」が多くて困っている方には、本当にオススメですよ!

 

以上、Gmailで「返信定型文」機能を使う方法でした。

 

【プライバシーポリシー】

●個人情報の利用目的

当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

●個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合

・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

●個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

●アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

●免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

●プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。