発達障害傾向ですが、「営業」できました。

発達障害の傾向がある元・営業が、「人並み」に働くための仕事ハックをお送りします。

人間関係ができないと、仕事でどうつまづくか?

人間関係 苦手 仕事

人間関係が苦手だと、大変なことになるんです…


こんにちは、Katieケイティです。

 

皆さんは、「人間関係」のせいで仕事で困ったことはありませんか?

 

雑談ができず、顧客の心をつかめない。

地雷を踏んで、上司をすぐ怒らせてしまう。

 

そんな方も、多いかも知れませんね。

 

実は、私自身も仕事上の人間関係で苦労したひとりです。そして、「営業」という仕事だからこその大変さも思い知りました。

 

そこで今回は、人間関係ができないと、実際に「営業」の仕事でどんな影響があるか、詳しく書いてみたいと思います。

人間関係ができないと、仕事でどう困るか?

■「人間関係」は仕事の大前提

下記のページでも書きましたが、私は職場での人間関係トラブルが原因で、発達障害の傾向を知ることとなりました。


blog.xn--katiefue-i64mq8yc0vjo7eeitdhns.com

 

かなりの破滅的なトラブルで、職場では味方を失い、完全に孤立してしまったのです。

 

実は、それまで私は、仕事に対してこのように考えていました。

 

「どんなに人間関係が下手でも、仕事で成果を挙げれば認めてもらえる

「仕事と人間関係は、無関係だ」

 

しかし、実際にはその真逆人間関係とは、仕事の大前提ともいえる重要な要素だったのです。

 

■「営業」と「人間関係」

(どんな仕事にも必要なスキル)
どんな仕事でも、程度の差はあれ「人間関係」は必要です。

 

例えば「モノ作り」の仕事。

これは、単純に「モノを作る人」だけでは成り立ちません。

 

それを見込み客にプレゼンする人、販売する人、お金を回収する人…などなど。実際には、たくさんの人の分業によって、仕事が成り立っているのです。

 

そして、彼らが互いに協力するために、人間関係は欠かせません

 

(営業には特に必須!)
それでも場合によっては、コミュニケーション下手でも「圧倒的スキル」や「カリスマ性」でカバーできる場合だってあるでしょう。

 

ただ、「営業」という仕事は、そうはいきません。

あらゆる難局を人間関係によって切り抜けていかねばならない、「人間関係がすべて」の仕事です。

 

そんな中、人間関係が下手だったらどんな問題が起こるのか?それには、このようなものが挙げられます。
  • 注文が入らない
  • 仕事が回らない
  • 売上が上がらない
  • 評価が下がる
  • 追い詰められ、体調を崩す
では、一つずつ見ていきましょう。
 

・注文が入らない

(顧客との関係性が大事)

営業という仕事で一番大事にしなければならないのが、「顧客との関係」です。

彼らとの関係は、常に良好でなければいけません。

 

なぜなら、どんなに温厚な人でも、「嫌いな人」からモノを買ってくれるほど優しくはないからです。

 

そのため、苦手な顧客とも表面上はうまく付き合い、時には自分の私生活を削ってでも対応する必要すらあるのです。

 

(人間関係が壊れると…?)

そんな大事な顧客との関係性が、自分のコミュニケーション下手のせいで壊れてしまったら、どうなるでしょうか?

 

友達なら、「嫌われちゃったなぁ…あーあ」で済むかもしれません。

しかし、顧客の場合は、そう簡単ではありません。なぜなら、「注文が取れない」という実際の問題が待ち構えているからです。

 

(営業には死活問題)

営業とは、「注文を取り続ける仕事」です。そして、「ノルマ達成を目指し続ける仕事」です。

 

その大事な大事な注文が取れなくなってしまったら、どうなるでしょう?当然、必死になって新規客を探すか、他の既存客からの注文を増やすかする必要が出てきます。

 

しかし、これらは口で言うほど、簡単ではありません。

 

そのため、「顧客との人間関係」は、死活問題に直結すると言っていいほど重要なキーワードなのです。

 

・仕事が回らない

(社内仕事はこんなにたくさん!)
しかも、人間関係は社内でも致命的です。

なぜなら、営業は「社外」の顧客だけでなく、「社内」の関連部署との接点も非常に多い仕事だからです。

 

例えば、ざっと挙げてみただけでもこのような「社内」仕事があります(メーカーの場合)。
 
  • 注文の処理を担当に依頼
  • 在庫情報の取得
  • クレーム対応部署との連携
  • 下請け会社との連携
  • 各種書類の発行を担当に依頼 etc...

 

(もし「自分でやれ」と言われたら…?)

これらは部署内で行われることも、他部署に依頼する場合もありますが、いずれにせよ「自分ひとりでは背負いきれない」仕事ばかりです。

 

しかも、どれも自分が実績を上げるために必要不可欠な仕事ですから、その重要性は分かりますよね。

これが、もし他部署のキーマンに「お前気に入らないから、もう自分でやって」と言われたら…一体どうなるでしょう?

 

物理的に可能な内容であったとしても、その仕事を肩代わりすれば時間と労力が大幅に奪われます

 

そして、本来の仕事である「営業」活動が、できなくなってしまうのです。

 

・売上が上がらない

さぁ、こうなったら大変です。

 

顧客から嫌われて注文が取れない。

社内から「のけ者」にされて仕事が頼めない。

 

すると、必然的にめぐってくるのは「売上が上がらない」という状況です。

 

営業という仕事は、先ほども言いましたが、「ノルマ達成を目指し続ける仕事」です。ノルマが達成できて初めて、仕事の成果が認められるのです。

 

なのに、売上が上がらなくなってしまったら、達成など到底望めるはずがありませんよね。

「営業」という仕事の根幹が、崩れてしまうのです。 

 

・評価が下がる

こうなると、避けられないのが「人事評価への影響」です。

 

事務職とは違い、営業職では「売上成績」への評価がボーナス査定や昇進の基準に大きく響いてきます。

すると、当然ながら、売上の上がらない営業担当者は「仕事のできない人」と評価され、ボーナスも低く、そしてなかなか昇進ができません。

 

いくら毎日残業していても、いくら人に見えない努力をしていても、残念ながら売上という「数字」しか見てもらえないのが営業という仕事。

 

したがって、人間関係が下手な人は、評価も低調にならざるを得ないのです。

~~~~~~~~
いかがだったでしょうか?

人間関係がうまくいかないと、このように「営業」としての仕事を全うできず、評価もしてもらえないという怖さがあります。

 

実際、いまこんな状況に置かれている…という方もいるのではないでしょうか?

 

ただ、どんなに「苦手だなぁ…」と思うものにも、必ず対策法はあるもの。

当ブログでは、「コミュニケーション対策」のカテゴリに「人間関係を上手く乗り切るための仕事ハック」を載せています。

 

 

ミスした時の謝り方、人への上手な相談の仕方などなど。ぜひ、参考になさって下さいね!

 
以上、人間関係の苦手な「営業」が陥るピンチについてでした。