発達障害傾向ですが、「営業」できました。

発達障害の傾向がある元・営業が、「人並み」に働くための仕事ハックをお送りします。

【新人研修】外国人は「褒めて伸ばす」!

今回は仕事関係の話です。

 

今度の新入社員は外国人。一体どうやって指導したらいいんだろう。

外国人の採用が増える昨今、このように悩む会社員の方も多いことでしょう。

そこで今回は、私が実際に彼らにOJTを行って得た学びをシェアしたいと思います。

キーワードは、「とにかく褒める」です。

褒めて伸ばそう!外国人の新人

■外国人の採用が増えている

近年、外国人留学生を採用する企業が増えてきました。最新の調査では、7割近くの企業が「大卒外国人の採用経験あり」とのこと。

jopus.net

すごい時代になったなぁ、と感心するばかりですが、これは同時に「外国人を研修する日本人社員が増える」ということでもあります。

下記エントリーでも書きましたが、他人に仕事を教えるのは普通でもかなりの負担。その相手が外国人となれば、さらに大変なことは容易に想像がつきますよね。

 

blog.xn--katiefue-i64mq8yc0vjo7eeitdhns.com

 

さて、そんな彼らには、指導をする際に気を付けねばならないことがあります。それは、「褒めて伸ばす」ということ。なぜなら、彼らはとてもプライドが高いからです。

詳しく説明していきましょう。

 

■発展途上国の出身者が多い

誰かを教える時は、相手に合わせたやり方が大切です。それにはまず、相手がどんな人か知ること。

では「外国人の新人」とは、一体どんな人達なのでしょうか?

 

ひとくちに「外国」と言っても、彼らの出身地は様々です。

直近の実績で言うと中国、東南アジア(ベトナム、タイ、インドネシアが多い)、韓国が上位を占めていますが、私の周囲には米国やインド人も。

itjinzai-lab.jp

ここで気付くのが、「意外と発展途上国からの人が多い」ということ。そしてこのことは、彼らが日本で働くために相当な投資・努力をしてきたエリートだということを示しています。

 

■選ばれしエリートたち

飛躍に聞こえるでしょうか?

しかし、考えてみてください。

日本企業で働くには、まずビジネスレベルの日本語力が必要です。英語を公用語とする企業なら別ですが、そんなところはごく少数。しかも、日本人と同等に活躍しようとすれば、微妙なニュアンスも理解できるだけの語彙力・理解力が求められます。

ここまで上達するには、当然ながら相当な時間とお金、努力が必要。現地の日本語学校に通ったり、留学したり、かなりの投資をしなければなりません。

そして、こういったことは裕福な家の出身か、努力で奨学金をもぎ取った人にしかできません。つまり、母国でもごく限られた人達にのみ開かれた門戸と言えるのです。

 

■日本式教育の難点

このように、日本で就職するのはとてもハイレベルな人材。「自分は他とは違う」という自尊心があって、当然ですよね。

ところが、彼らを迎える側の対応次第では、そういった自尊心が傷付けられかねません。なぜなら、私たちは「叱る教育」にどっぷりつかっているからです。

  • 上手くできても褒めない
  • 失敗したら、トラウマになるまで叱る
  • ノウハウは見て学ばせる。具体的に教えない

どうでしょう?思い当たるフシがありませんか?

こういったスタイルに慣れている人は、よほど意識しないと他人を積極的に褒めることができません。

すると、自然と外国人に対しても「叱るばかりで褒めない」というスタイルで接してしまいがち。仕方ないことではありますが、これが彼らのプライドを傷付けてしまうのです。

 

■上手くいかないと、自分にもデメリットが

すると、様々なデメリットが出てきます。

相手が指示に従わない、頼んだ仕事が遅れがち、やる気が失せる、集中できない…

さらに、困るのは自分にはね返ってくる場合です。

反感を持たれた結果、「研修担当を変えてほしい」と上司に直訴されたらどうでしょう?「ちゃんと指導していない」と思われ、研修する本人の評価も下がりかねません。

一生懸命教えているのに、こうなるとツライばかりですよね。 

 

■だから褒めよう!

こうした理由があるからこそ、外国出身の新人には「褒めて伸ばす」が必要なのです。

具体的には、

  1. 指示した仕事ができたら「お~、完璧だね!」「さすが!」と大げさなくらい褒める
  2. もし注意を与えたい時は、必ず別室に移動して1対1になる

「褒め言葉」は、最初は少しためらいます。それは自分が言われてこなかったからですが、徐々に慣れるものです。

また、人前で注意されるのは、誰だって恥ずかしいもの。プライドが高い人なら猶更なので、配慮が必要になるのです。

 

■いい指導は、最終的に自分を助ける

「なんで新人相手にそこまでしなくちゃいけないんだ」と思う方もいるでしょう。忙しい合間を縫ってのことですから、そう思うのも無理はありません。

しかし、この成果は必ず自分に返ってきます。 

指導がうまくいき、早い段階で仕事を覚えてくれる。「自分を尊重してくれるいい先輩」と思ってくれる。こうなれば、きっと相手は自分を進んでサポートしてくれるでしょう。

そして、「うまく育ててくれた」と上司からの評価も高まります。

こういったメリットがあるからこそ、指導には力を入れたほうがいいのです。

 

というわけで、外国人の新人が入社してきたら、「褒めて伸ばす」を実践してみてはいかがでしょうか?ご健闘を祈ります。

 

OJT完全マニュアル---部下を成長させる指導術

OJT完全マニュアル---部下を成長させる指導術

 

 

 

折れない新人の育て方 (自分で動ける人材をつくる)

折れない新人の育て方 (自分で動ける人材をつくる)

  • 作者: 船戸孝重,徳山求大,リクルートコミュニケーションエンジニアリング
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/04/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 69回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る