発達障害傾向ですが、「営業」できました。

発達障害の傾向がある元・営業が、「人並み」に働くための仕事ハックをお送りします。

【ASD的就活】面接でキレられないためにできる4つの対策

春、就活の季節ですね。

リクルートスーツ姿の学生を見ると、面接でおかした失敗のことを思い出します。

今回は、そのエピソードと、私が得た教訓の話です。

一方的に話し続けてしまいがちな人には、ぜひ読んでみて下さい。

 

面接官にキレられないために

■対策

まず、対策からご紹介します。こちらの4点です。

  1. 聞かれたことにだけ答える
  2. 簡潔かつ詳細に
  3. 逆質問は、許可を得てから
  4. 答えにくい質問には「前置き」を

では、詳しく見ていきましょう。

 

1.聞かれたことにだけ答える

(「適切な受け答え」がカギ)

一つ目は、「面接官から聞かれたことにだけ答える」ということ。聞かれてもいないことを話してはいけません。

なぜなら、的確な受け答えができない人は、働く能力がないとみなされてしまうからです。

仕事のスキルには色々なものがありますが、中でも「受け答え」は基本中の基本。したがって、これができないと致命的なのです。

 

(「やる気」は態度で示す)

また、「やる気がない」と思われるリスクもあります。

例えば、上司が「昨日頼んだレポートできた?」と聞いたのに、「いえ、できていません。それより、昨日食べたカレーがすごく美味しかったんです!」と答えたらどうでしょう?とても真面目には見えませんよね。

どんなに頑張る気持ちがあっても、それを態度で示せないと採用してはもらえないのです。

 

2.簡潔かつ詳細に

また、発言は「概要」+「理由」+「詳細説明」の3点セット。これもポイントです。

例えば、「大学時代はどんな部活動をしたか?」という質問だとこうなります。

質問 大学での部活動について教えて下さい。
回答
概要 軽音部で、ボーカルに励みました。
理由 ボーカルにした理由は、人前での度胸をつけたかったからです。
詳細① 仲間とは衝突もありましたが、
それぞれの長所を生かして一つのものを作り上げる達成感がありました。
詳細② この経験は、仕事をするうえで大いに役立つと思います。

発言は、だいたい4つの文に収めるとしっかり聞いてもらえます。それ以上ダラダラ続けると、話の要点がボケるうえ、時間の制約上「まだ終わらないのか」と相手がイライラするので好ましくありません*1

 

3.逆質問は、許可を得てから

また、むやみに逆質問をするのは控えましょう。もし質問したいことがあっても、それは「何か聞きたいことはありますか?」とオファーされてから。

これは、先方の都合(質問内容、時間配分など)を無視して質問攻めしてしまうと「非常識」な印象を与えかねないためです。

また、万が一質問タイムを取ってもらえない場合には、面接が一通り終わってから「恐れ入りますが、いくつか伺いたいことがあります。まだお時間はよろしいでしょうか?」と許可を得ましょう。

 

4.答えにくい質問には「前置き」を

最後に、「相手が答えにくい質問」をする際は、必ず前置きをするようにしましょう。

具体的には、こういった質問です:

  • 離職率(高いほど働きづらい環境だから)
  • 平均年齢(低いほど若手の退職が多いから)
  • 売上の増加ペース(業績が悪い場合、知られたくないから)

 

この場合、下記のように言ってから本題の質問をすることで、相手の気分を害するリスクが減ります。ぜひ使ってみてください。

  • こういったことは伺っていいのか分かりませんが…
  • 少し伺いづらいのですが…

 

■私の失敗エピソード

では、こういった教訓を得るに至った経緯についても書いておきます。

私は、今でも忘れられない手痛い失敗をしてしまいました。

 

私は修士課程2年の時、論文執筆の合間に就職活動をしました。

正直、そこまでモチベーションは高くなかったのですが、運良く書類審査に通り、ある有名企業の面接に進めることとなったのです。

まだ自分のソーシャルスキルの低さに気付いていなかったため、全く何の対策もとらず、「真面目に受け答えすればいい」と気楽に構えていました。

 

・1回目の面接は失敗

なお、それ以前にも一度だけ面接を受けたことがあったのですが、不採用に終わりました。

こちらは一生懸命質問に答えたつもりですが、相手は終始無表情。おそらく、私が突拍子もない逆質問ばかりしていたからだと思います。

空気も読めず、就活マニュアルの「こんな質問をしよう!」コーナーを意味も分からぬまま鵜呑みにし、突拍子もない質問を繰り返す。こんな学生を採りたい企業など、なくて当然だったのです。

 

・当日のこと

さて、話を戻します。

面接の当日、私は緊張しながら会場のドアを開けました。すると、だだっ広い会議室に、長机が「ロ」の字型に配置されていました。私と面接官は、ちょうどその向かい合った席に座り、面接が始まりました。

自己紹介、大学院での研究内容、そして志望動機を順当に回答。ここまではかなりスムーズだったため、気が緩んだのかも知れません。

続く場面で、私はミスをおかしたのです。

 

・我を忘れて質問連発

話を進めるうち、面接官がご自身が大切にしている心構えを語って下さいました。

私にはそれがとても興味深く、身を乗り出して聞き入りました。そして、ここが面接の場だということも忘れ、矢継ぎ早に質問を繰り返したのです。

社内での人脈形成はどうしたらいいですか?チームの雰囲気は?どんな研修をされますか?…

相手は丁寧に答えて下さったものの、いつしか本筋を大きく逸れ、そして「その時」が訪れました。

 

・面接官の怒り

君は、一体何をしに来ているんだ!!これは面接だ!

いきなりの怒声に、体がビクッとなりました。

「私が制止しなければ、君はいつまでも関係ないことを話し続けていたはずだ!いい加減にしたまえ!!

ハッと我に返りました。そこには、怒りで形相を変えた相手の姿がありました。

面接は、そこで終了。後日不採用の通知が届き、私は自分をコントロールできない悔しさと悲しさで何度も泣きました。 そして、今に至るまで、この時のトラウマは鮮烈な映像として私の脳に残っています。

 

・思いがけぬ励まし

ただ、意外なこともありました。面接官から励ましの言葉を掛けられたのです。

「そういう部分があることは、事前に伺っていました。私も、実は似た境遇です。これから頑張ってください。」

怒声を上げた時とは一転、とても穏やかな声でした。

私とは別の国立大学出身だという、この面接官。もしかしたら、同じようにコミュニケーションに悩み、周囲からの誤解を受けながら、苦労して出世されたのかも知れません。

そう思うと、あの時の恐ろしい表情にも、別の側面を感じてしまうのです。

 

以上、就活での心得でした。

*1:なお、手元の資料や時計に目をやるのが、相手の集中力が切れてきたサイン。こういった仕草が出てくる前に、話を切り上げましょう。